環境に対する取り組み

地球と地域環境にやさしいキリックスグループ

キリックスグループは、創業以来新車およびU-Car販売、リースからアフターメンテナンスまで、車社会のあらゆるニーズに応えることを使命として企業活動を展開しておりますが、世界的な環境問題への関心が高まる中で「地球と地域環境にやさしいキリックスグループ」をスローガンに掲げ、継続的な環境の保全および改善に努めることを経営方針の一環として位置づけました。

環境目的としての主な取り組みは、以下の7項目です。

1、廃油・廃部品の適正な処理
2、リサイクルの推進による廃棄物の減量
3、使用済自動車の適性な処理
4、近隣住民に安心してもらえる店舗
5、フロンガスの適正な処理
6、低公害車の普及
7、省エネルギー・省資源の推進

キリックスグループ環境方針

基本理念

キリックスグループは、創業以来「地域社会への貢献」「お客様中心の価値づくり」「社員とその家族の幸せ・豊かさづくり」の経営理念に基づき、新車およびU-Car販売、リースからアフターメンテナンスまで、車社会のあらゆるニーズに応えることを使命として企業活動を展開しております。

一方、昨今の世界的な環境問題への関心が高まる中で、環境問題への関わりや、環境への影響度合いを認識した21世紀の新しい企業活動スタイルを創造することが経営の重要課題であると確信いたしました。

ここにキリックスグループは、経営方針の一環として「地球と地域環境にやさしいキリックスグループ」をスローガンに掲げて、継続的な環境の保全および改善に努めることを宣言します。

基本方針

1、全社員に環境方針を理解納得させるために、環境教育および啓発活動を計画的に実施し、環境保全の意識向上を図る

2、国・地方自治体が定めた環境に関する法律・規制・協定、およびキリックスグループが同意するその他の要求事項を遵守し、環境保全レベルの向上に努める

3、当社の事業活動が環境に与える影響を正しく認識し、これに基づく環境目的・環境目標を定め、全社員で継続的な環境改善および汚染の防止に取り組むとともに、時代の変化に合わせて定期的に見直す枠組みを構築する

4、定期的な環境監査を実施して、環境管理の維持向上を図る

5、お客様に自動車の環境情報を的確に提供するとともに、地域社会とのコミュニケーションを大切にし、地域の環境保護活動に積極的に協力する

2010年12月1日
キリックスグループ
代表取締役会長     山口 茂樹

  1. 環境に対する取り組み